キャラクターを纏うということ

黒子のバスケ黄瀬涼太コスプレイヤーA$CEえーす

私のコスプレするときのそれぞれのキャラクターへの向き合い方についてお話しします(少し特殊です)。

私は黄瀬くんより難しいコスプレはないと思ってこのコスプレイヤー人生をずっと過ごして来たように思います。

   

私がコスプレをはじめたきっかけ

 
私の初めてのコスプレは、学生のとき(もう7年前!)の黄瀬くんコスでした。

黄瀬くんコスばかりやっていたのですが、当時コスプレイヤーズアーカイブというところで同じく黒バスのコスプレにハマっていた子と仲良くメッセージのやりとりをしていたときに、「黄瀬くんはパーフェクトコピーを使えるんだからどんなキャラにもなれるんだよ!」と言って私に別のキャラクターを勧めてくれたのがきっかけで、私は本命の黄瀬くん以外のコスプレにも手を出すようになりました。

ただの一般人のオタクがはじめてコスプレをするって当初ものすごく勇気の要ることだったと思うんです。
だからその壁を越えてでもコスプレをしちゃうってよっぽどその好きなキャラと同化したいじゃないけど思い入れがないと私には始められなかったように思います。
周りにコスプレをしている友だちでもいれば別だったかもしれませんが、私はコスプレ友だち0の状態からこの世界に飛び込んだので、他に動機がありませんでした。

なのでコスプレを始めたばかりの頃、好きなキャラ(本命)以外のコスプレをするなんて考えられなかったのです。

流行っているアニメがあるからと次から次にコスプレのレパートリーを増やす感覚のレイヤーさんを初めて知ったときはビックリしました。「これこそがコスプレイヤーか!」とも思ったので、だったら私はコスプレイヤーではなくただの黄瀬のオタクだなって思ってもいました。

   

黄瀬くん以外のコスプレ

 
「黄瀬くんはパーフェクトコピーを使うからどんなキャラクターにもなれる」
その考え方で私は黄瀬くん以外のキャラクターのコスプレをしていたので黄瀬コスより上手にできて当たり前じゃないけど「できる」と信じてコスプレすることができました。

黄瀬くんがキセキの世代のコピーを初めて使うシーン、

 
(客席の誠凛高校の皆さんの会話)
 黒子 :…そもそも黄瀬くんの模倣コピーというのはできることをやっているだけでできないことはできません
 リコ :簡単に言えば「のみこみが異常に早い」ってこと。NBA選手の模倣コピーとか自分の能力以上の動きは再現できない
 木吉 :だが…逆に言えばそれでもやろうとしてるってことは「できる」と信じたってことだ
黒子のバスケ黄瀬涼太海常vs桐皇インターハイアニメ画像
 
そう、私もできないコスプレはできないですけど、それでもやろうとしてるってことは「できる」と信じてやってるんですよね。

私にとってパーフェクトコピーとはもはやマントラのようなもので自分の可能性や集中力を上げてくれる呪文なんです。

だから私のコスプレはどれもそれなりにクオリティが高いんだと思います。

   

黄瀬くんのコスプレ

 
パーフェクトコピーや(常に成長過程であることを自覚したうえでの)向上心といった黄瀬くんマインドのフィルターを通して私はいままでコスプレと向き合って来ましたが、肝心の黄瀬くんのコスプレに関しては冷静になって客観的に見ることができていないんじゃないかと感じています。

私が黄瀬くんをリスペクトするがあまり、「憧れてしまえば超えられない」というかつて黄瀬が青峰に対して抱いていたのと同じように、私は黄瀬くんにまだどうしても憧れてしまってるんだと思います。

自分でも驚くほど好きな作品・好きなキャラクターの影響を受けて生きているなあと感じています。

   

キャラをまとうことについて

 
私がアニメや漫画が大好きな理由、ハマってしまう理由、オタクである理由はコスプレだけでなくその作品のメッセージであったりキャラクターの生き様を自分の人生やマインドにコピーできてそれが実生活に役立つからなんだと思います。

人生とは自分の身の回りの出来事をどう受け取るか・どう見るかで幸せかどうかが決まると言っても過言ではないじゃないですか。

そんなときに大好きなキャラクターの視点が役に立つのです。自分が強くなれる気がしませんか?

黄瀬くん、ギルガメッシュ、アルベド、炭治郎、リムル、コスはしてないけど進撃の巨人、D.Gray-man、鋼の錬金術師、まどマギなど今まで見てきた色んな作品のキャラクターがあらゆる場面で私に生きやすい(目の前の壁を乗り越えるための)視点を与えてくれました。

最近のブームはさくらももこさんのコジコジです。

コスプレはあくまで趣味だけど、そのキャラ(の視点)をまとって日々自分の人生を生きていると結構無敵だし気づきがたくさんあって楽しいなって感じます。

そのキャラになりきって生きてるわけじゃないけど、そのキャラの視点を借りるというのは処世術や暇つぶしの一つとしてかなりオススメできると思います。

 3 件のコメント
  • アバター 一ノ瀬画伯のペンギン より:

    今回も素敵なブログ😳👏🏻 私もA$CE様が仰るように、キャラクターの視点で物事を捉えてみる事は、自分の人生での成長点につながると考えています。私も黒子のバスケが大好きで、キャラクターの(特に黄瀬くんや虹村先輩の)メンタル面等でモチベにさせていただいてます。特に受験などでメンタルが弱まったりしている時、キャラクターの精神力には助けられました笑笑 もちろん!A$CE様の視点や考えもいつも私なりに解釈しながら😂😆 これからも素敵なコスプレ楽しみにしてます!
    追記:コジコジ可愛いですよね😊

    • アバター A$CE より:

      結構メチャクチャなこと書いたつもりだったんですがちゃんと伝わって嬉しいですありがとうございます🙏🏻✨受験期特に救われますよね!!私もそうでした!!
      コジコジわかるの嬉しいです꒰(๑´•.̫ • `๑)꒱

      • アバター 一ノ瀬画伯のペンギン より:

        いえいえ!共感の嵐でした😂その絵文字有能すぎですね爆笑爆笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。