アカウント削除した理由

コスプレイヤーSNS ツイッター辞める理由Twitter離れ

こんにちは。
黄瀬レイヤーのA$CE(えーす)です。

私は昨日、あれほど大好きで毎日夢中(?)だったSNSツイッターのアカウントを削除してみました。
  

アカ消しの理由

 
ここ数ヶ月、ツイッターなんていつでも消せるようなものとしてあまり執着を置いていませんでした。
前回の記事でいいねの数やフォロワー数など「数」にこだわらなくなったような話もしましたが、今度はそれによる誰かにとっての比較の対象になることさえもなんだか嫌だなと思うようにもなったし、ただ表現活動をしたいだけなら私にはこのホームページで十分だと思いました。

私が好きでフォローしていたレイヤーさんたちや友だちのアカウントがタイムラインで追うことはできなくなりますが、相手が鍵アカでない限りはこちらが見たければ簡単に検索して見ることができます。
仲の良い友だちとはツイッターがなくとも幸いLINEなどいつでも直接連絡が取れる手段があります。
それにせっかくフォローしていてもフォローしている全員の投稿にいいねやリプを送ることはできないし、反応がないことを気にするフォロワーのその対象になるのもうんざりでしたし、全てがどうでも「いいね」だったのです。

そして一番の理由に私はTwitterは元々エンタメ感覚で見ていたのですがどうしてもネガティブな波動を受け取らざるを得ないほどに最近のTwitterが一方では言論統制だったり情報操作かと思うようなトレンドの上がりかたなど大手メディアとかよりはマシだと思ってたのにだんだんそっち寄りになっていったTwitter社に対する失望というか何というか…。

入って来なくていい情報があり過ぎたのです。
Twitterユーザーでいることがしんどくなったのです。

もちろんTwitterをやっていなければ知り得なかった有益そうな興味惹かれる情報というのはたくさん溢れていました。
それでも私にとっては知って得はあったとしても知らなくて損ということはありません。
例えば誰かの投稿を見て「いいな〜!私もぜひここに行きたい!」と普通思ったとしても、わざわざその動機で他人と同じ体験をしに行かなくてもいいかなと私は思ってしまうんです。「いいな」じゃなくて純粋に「いいね」という感想で終わるものなのです。
元々気になっていたものがツイッターの誰かの投稿によって背中を押されて実際の行動に繋がることは大いにあるかもしれませんがその程度のものなのです。

もっとぶっ飛んだ私の価値観で本音を言ってみれば、究極みんな同じなんですよ。
いろんな生き方、環境、考え方、表現方法の人がいるんだなあってのを気軽に垣間見ることができて中には癒しや気づきや学びがあるのがTwitterの素晴らしいところですが、例えば「あの人はこんなに努力して成果を出して輝いているのに自分は全然ダメだなあ」とか無意識かもしれないけど比べて自分を卑下したり、あるいはその逆で誰かを見下したりって、ばからしいなって私には思えてしまうんですよね。私は趣味の世界まで競争社会にいたくないと思ったんです。

時流に乗って流行を追いかけたり数を求めたり評価をもらったり極端なことや自己プロデュースとまでいかないけれど外っ面を整えるのが楽しい時期もあったりして、それはそれでこの次元でしか楽しめなかったことなので否定するつもりはないのですが、私はもう満足したというか真の喜びはそこじゃないなってなっちゃったんです。

すべてのSNSがポジティブな愛と尊敬(尊重)だけの世界だったら本当にいいなと思うんですが、数や肩書きや見ばえにとらわれた執着とマウント(所有)や嫉妬といったネガティブな方向のこれも歪んだ愛なのでしょうか、そういった空気感に私は心底どうでもよくなってしまったのです。

これを読んで「そんなことはない!!ツイッターはポジティブな愛と尊敬に溢れているよ!」と主張したい人がいるかもしれません。
そうだとしたら今回私が自分でそういった環境を引き寄せてしまっていて私から見た世界がこうだっただけなのであなたの世界には当てはまらない話になります。

そう、同じ世界に生きているつもりでも見ている世界は人によって違うので(世界を見ている「自分」がその世界を作っていると言っても過言ではない)、私にはTwitterがそういうネガティブとは無縁ではいられないものに見えてしまったというだけの話なのです。

私自身、毎日注意を怠らずあとは幸せに暮らしているのにわざわざ(起こってもいない未来の)不安を煽るようなニュースとか触れなくていいと思うんですよ。

コスプレや美容や筋トレなど趣味のためにTwitterをやっているのに今のTwitterって数年前の仕様と違ってめちゃめちゃネガティブの罠が仕掛けられてるので見たいものだけを見るというのがほとんど無理になってしまいました。

ネガティブなツイートをする人が嫌いだからという意味ではなく、Twitterのネガティブで攻撃的なシステム(ある種の洗脳装置)が苦手になったという意味です。

それなのでTwitterユーザーとしてのA$CEえーすさんはお休み(?)します。