コスプレと自撮り

SAOアスナコスプレ自撮り棒写メ

えーすちゃんは自撮りに命かけてると思われてるかもしれません。概ね間違いではないです。

撮影内容(併せや撮影時間)によっては自撮りがほとんどできないということもありますが、個撮のときなんかは特にとれるときは自撮りの時間をもらってiPhoneにも載せれるだけのデータは残します。

カメラマンさんも快く自撮りの時間協力してくれることが最近増えたようにも思います。

自撮り(コスプレしたよ速報)を上げることで、本来一番見てほしい一眼で撮ったデータ(作品)を多くの人に見てもらう機会を増やすことに繋がるからカメラマンさん的にも速報をつぶやくのは良いことなのかなとも思いました。

   

自撮り棒を忘れると凹む

 
愛用しているライト付き自撮り棒があって、コスプレ前日の夜に必ず充電してから持っていくようにしているのですが、これを当日忘れると正直つらいです。悔しい気持ちになります。

手でiPhoneを持って腕を伸ばしても上半身まで写すことできるんですが、自撮り棒があるときより伸ばしてる腕が写ったり顔の向きやとれるポーズが限られてしまうのです。

一番の言い訳は私首が短いのでそもそも腕を上げたくないんですよね。

首がしっかり見えるのとそうでないのとでは男装時のカッコ良さ見栄えの良さが全然違います。

外ロケならまだしもスタジオだとライト付き自撮り棒がとても良い仕事をしてくれるので、これがないと自撮り本当つらい。

明るいとシャッタースピードも早くてブレづらいし、粗さ(ノイズ)も減らせます。目に光が入るのも良いしやはりライト付き自撮り棒は有能…。

    

愛用の自撮り棒

 
ライト付き自撮り棒セルカ棒オススメ
Amazonで自撮り棒検索してたどり着いたのですが、iPhone11proに変えた今でもiPhone6用の有線の自撮り棒に変換アダプタをつけて愛用しています。

iPhone新しくした段階でBluetoothの無線の同じメーカーの自撮り棒も買ったんですが、Bluetooth繋ぐ手間や接続不良や時差が嫌で、有線にしました。

ライト付き自撮り棒のライトの光量がかなりパワフルなので、気に入っています。

グリップもフィット感のある形で、棒もしっかりしていてグラついたりしないのが良いです。

あとは自分の腕を鍛えてブレないように全集中…

    

自撮りは記念写真的な感じ

 
自撮りが良く撮れるとそれだけでも「今日のコスプレ楽しかった」ってなれるくらい気分を上げてくれるので、自撮りを残すというのは私にとってとても価値のある行動の一つです。

もちろん作品を撮りたくてカメラマンさんと相談して撮影予定を組むので自撮りがメインではないです。

でもカメラマンさんと撮ったデータプラス自撮りも残せたら満足度高いですよね。

取ったデータをすべてスマホに入れることってないじゃないですか。
写メならすべてスマホ端末に残るので、いつでもどこでも思い出を引き出せるというのもメリットです。

スマホからツイッターにアクセスして発信することのが普段多いと思うので、ネタや素材としてストックしておいて損は無いです。

スマホのインカメは発達すべくして発達したなあとしみじみ感じます…。