ダンベル何キロ持てる?のコスプレ

ダンベル何キロ持てる?紗倉ひびき奏流院朱美ジーナボイドコスプレ

今年の夏は『ダンベル何キロ持てる?』のアニメにドハマりしていました。

アニメ放送開始が7月3日とかだったかな、1話を何気なく観始めたら主人公の紗倉さくらひびきがあまりにも可愛くて、食べることが大好きなところとか、痩せてモテたい願望とか、ちょっとムチムチしてるところとか、体重が漫画キャラの設定にしてはかなりリアルな数値だったので、このアニメに強烈な好感と興味を持ちました。
ダンベル何キロ持てる?紗倉ひびきアニメ画像

私は元々ゆるっとジム通いをしていて、アニメの内容も筋トレの知識を教えてくれるものだったのでかなり実用性があって、ジム通いのモチベーションアップ間違いなしと思って早速漫画を電子版で全巻買って読みました。

アニメのクオリティが高いので、原作を全部読んでいても毎週のアニメの放送がすごく楽しみでした。
今は週2~3のジム通いですが、ダンベルアニメ放送時はジムに行くのが楽しくて週5で行ってましたね。
ひびきたちは私の心のジム仲間でした。
    

ダンベルキャラのコスプレまとめ

 
夏コミ1日目はダンベル併せで紗倉ひびきで参加しました!


コミケ4日目は紗倉ひびきの制服バージョンで遊びに行きました。


ジーナちゃんの衣装ができたタイミングで宅コスしました


沖縄撮影旅行2日目では紗倉ひびきの水着バージョンを撮影しました。


沖縄撮影旅行4日目は奏流院朱美を出しました。


    

ジーナちゃんが推しです

 
ダンベル何キロ持てる?はすべてのキャラクターが魅力的で癒しでひたすら可愛いので、バトル漫画風な表現が出てきてもそれは茶番みたいな感じで、基本的にはキャラクターたちは同じジムに通うトレーニング仲間として励まし合って切磋琢磨するという穏やかな関係なので、誰に肩入れするという見方ではなくただひたすら見やすいです。

強いて言えば私の本命であるジーナちゃん(ジーナ・ボイド)はアームレスリング(腕相撲)大会で初めて登場するロシア人留学生で、単行本だと2巻18話から、アニメだと第6話から登場します。
ダンベル何キロ持てる?ジーナボイド原作漫画画像
ビジュアルが本当に好き。猫目がめちゃめちゃ可愛い。
私がジーナちゃんコスをするには体型に自信がなさすぎるけど一番コスプレしたいキャラでした。

衣装は似たようなスポーツウェアがないか探したのですが、見つからなかったので、布から裁断してミシンで縫って作りました。
布面積があまりないから縫うべき長さもそこまでなく、アバウトなサイズ感でも伸びる生地でフィット感誤魔化せるのでジーナちゃんの衣装制作はかなり簡単なほうだったと思います。

    

生涯運動を続けようと思う

 
ダンベル何キロ持てる?は核心を突いた名言が結構散りばめられています。

私は生涯運動を続けようと思ってるの。
健康で文化的な生活を送るために!!

という1話での奏流院朱美ちゃんのセリフがあるのですが、

主人公のひびきは最初痩せられれば・体重が落とせればそれでいいって言ってたのがだんだんトレーニングを続けるマインドに変わっていきます。

私も最初、コスプレのために体型を何とかしなければという考えでジムに入会したのですが、痩せる痩せない結果が出る出ないに関わらず、ジムに行こうと思えばいつでも行ける環境にものすごく価値を感じていて、私のポジティブの源は睡眠・食事・運動でありどれも欠かせないものだと気づきました。

ポジティブだとストレスを溜めない体質になるので実際これはかなり美容に良いように思います。覇気が出る感じがする

トレーニングの価値に気づかせてくれて、ジム通いを習慣化させてくれた『ダンベル何キロ持てる?』との出会いに私は言葉では表せないほど感謝しています。