金髪レイヤー?

コスプレ金髪キャラウィッグ

初心者レイヤー時代、コスプレ友達を増やすためや好奇心から色んな作品の色んなキャラクターのコスプレに手を出していました。

そこから少し落ち着いて、半ば2年くらい黄瀬コスしかやらない黄瀬レイヤーだったのですが、また去年あたりから色んな作品のコスプレをするようになり、金髪系のキャラクターが多かったため、金髪レイヤーとツイッターのプロフィールに書こうとしていました。

   

私がコスプレした金髪キャラ

 
黄瀬涼太きせりょうた/黒子のバスケ
ナッシュ・ゴールド・Jr/黒子のバスケ
伊弉冉一二三いざなみひふみ/ヒプノシスマイク
鳴上嵐なるかみあらし/あんさんぶるスターズ!
小竜景光こりゅうかげみつ/刀剣乱舞
ユージオ/ソードアート・オンライン
アリス/ソードアート・オンライン
月詠つくよ/銀魂
紗倉さくらひびき/ダンベル何キロ持てる?
   

私がコスプレした黒髪キャラ

 
ピトフーイ/ガンゲイル・オンライン
うちはサスケ/NARUTO
アルベド/オーバーロード
岩谷尚文いわたになおふみ/盾の勇者の成り上がり
奏流院朱美そうりゅういんあけみ/ダンベル何キロ持てる?
冨岡義勇とみおかぎゆう/鬼滅きめつの刃
   

私がコスプレした銀髪キャラ

 
坂田銀時/銀魂
桃喰綺羅莉ももばみきらり/賭ケグルイ
ジーナ・ボイド/ダンベル何キロ持てる?
アレン・ウォーカー/D.Gray-manディーグレイマン 結構昔に
   

好きな色似合いたいよね

 
黄瀬くんが本命で黄瀬コスが一番やりたくてコスプレを始めました。

私がコスプレを始めた当時(2013年とか)は黒子のバスケが大人気で今でいう鬼滅の刃みたいにコスプレイベントに行けばキセキの世代合わせや黒バスのレイヤーさんがいっぱいいたんですね。

黄瀬くんはキセキの世代の中でも登場が早く、物語の中で黒子と打ち解けるのも早かったためかフツーにめちゃめちゃ人気キャラでした。
ウィッグもツンツンしてるわけではないしキセキの世代のなかでは背の高さもそこまでではないので初心者レイヤー目線で黄瀬コスは比較的手を出しやすかったと思うんです。

なので黒バス併せのメンバー募集とかみると黄瀬枠がまず埋まってることが多く、褐色肌短髪で初心者目にはコスプレするのが難しそうな青峰くんがいつも比較的空いていました。

私は黄瀬くんの次に青峰くんが好きなので、青峰くんを用意して、それから緑間…というようにキセキの世代みんなの練習を宅コスでして、どの黒バス併せの求人にも対応できるように(?)なっていきました。

その時に、「黄瀬よりも青峰の方が似合う」とか「緑間一番似合ってる」とか言われて、 そうか私は金髪よりも寒色系のキャラクターの方が合ってるんだ と気づきました。

でも本音は黄瀬くんが一番似合いたかったので悔しかったんです。
   

諦めないで好きなキャラ似合わせよう

 
当時はコントロールカラーとかいうコスメの常識みたいなものはまだ出ていなかったので、メイクで肌色をどう変えるというよりは単純に私は日焼けに気を付けることにしました。
それととにかく宅コスをたくさんしました。
夏休みとか最初毎日のように宅コスしていました。

黄瀬コスを合わせじゃなくても一人でも宅コスでとにかく回数やってそのたびに自撮りしてアップして、自分の黄瀬コスを発信し続けました。

それだけで似合ってきたかどうかは正直わからないけど、何度も私の黄瀬コスを見たアーカイブのフレンドさんやツイッターのフォロワーさんたちは少なからず認めてくれるようにはなっていたように思います。単純接触効果という何度も繰り返して接触することにより好感度や評価が高まっていくという効果が人間の心理学としてあるのでそれも大いにあったかと思います。

そのうち美白ブーム?女性の肌は白いのが正義!みたいな時代になって、ブルべ肌イエベ肌といったパーソナルカラー診断というものが広く知られるようになってきてからは、ウィッグの色味やコスメの色の選び方がわかるようになってきて、金髪なら金髪の似合わせ方みたいなのがちゃんとあるんだって気づきました。