みんなしたくてそうしてるんだよね

黒子のバスケ黒バス黄瀬涼太コスプレJW水着衣装

ある見方をすれば実はみんな常に望みを叶えている(=自分が望んだ通りに動けている)んだよっていうちょいスピリチュアルな話を書きたいと思います。

いやそんなことはない、思い通りの生活が送れていない、現状に満足してない、本当はああなりたいこうなりたい、そういった思いはいくらでも浮かび上がってくることとは思いますがあくまで顕在意識よりも深いところのお話です。
 

例えば私の経験談

私はいつも朝どんなに余裕を持って起きても出掛ける直前にバタバタしてしまうクセがありました。
その様をよく見ていた私の旦那が「ぴーぽ(私の呼び名)は本当にバタバタするのが好きなんだね」って言うのです。

私は「好きでやってるんじゃないやい!」って言い返していたのですが、よくよく考えてみると本当に出掛ける直前にバタバタしたくない人ならばそうならないように絶対対策するんですよね。
私がいつもそうしないのはどこか潜在意識ではまあバタバタしても何とかなるから良いだろうって思ってるからなんですよね。

ダイエットの場合だと慢性的に痩せたいと思っているつもりでも本当に痩せるための行動をとらないのは今のままの体型でも少なからず幸せを感じれているし今の食生活で味わえる幸せを手放したくないって思いの方が強いってことなんですよね。

本当に痩せたいと思ったときというのは痩せること以上の喜びが考えられないし徹底的に減量のための行動をとっているんですよね。
 

自分のことがわかってないだけ

例えばお金持ちになりたいなお金持ちの生活いいなあって頭で思っていても心のどこかでは今のままの暮らしをまだ経験したがっているし今の道を外れて新しいことをする不安や恐怖の方が大きいのです。
貧乏な暮らしが本当に嫌な人・お金持ちになった自分をイメージして渇望する人ならその為になら何でもやってやるっていうバイタリティがあるはずなんですよね。

友だちが欲しいのにできないとか友だちいないって言う人はそれを聞いたあるいはその呟きを見た関係者は「あっ、私友だちじゃないんだ」ってなって現に友だちを失って友だちをいなくしてるんですよね。
本当に友だちが欲しくて友だちというものが大事な人は友だちになり得る人の前で相手を不快にさせることは絶対言わないし、自分の発する言葉で相手がどう思うだろうかをまず考えるはずなんですよね。

自分が働ける歳にもなって親が嫌だ毒親だ一緒にいてストレスだ親のせいでどうたらこうたらって言う人は本気でそう思うなら何で家を出ていかないんだろうって周りは思うはずです。自分の希望を諦めてるとかいう話ではなく親の言うことを聞きたいかあるいは自分の上手くいかない人生を親のせいって言いたいんですよね。

みんな、言いたいことを言ってその現実を引き寄せてるだけなんですよね。
 

身体のサインは自分の本心を知るチャンス

例えば仕事に行きたいのに朝身体が動かないって言う人は頭では仕事に行かなきゃ(仕事に行った方がいい)って思っていますが心は仕事に行きたくないって言っているのにその声に蓋をして抑えつけているせいで、身体の方から不調という形でサインが表れているという話しがあります。

頭(理屈や常識や建て前)ではこうしたい(こうあるべきだ)って思っていても、心ではこうしたくないっていう乖離が自分の中にあるのに気づいたことはありませんか?

これは自分という人間と向き合って本当の望みや幸せや喜びを見つけるチャンスなんですよね。

頭は嘘をつきますが、心と身体は嘘をつけません。
心の声を聞かないようにして思考(頭)だけでいつも自分の行動を決めて自分に合わない道を無理して進んでいるとそのうち身体の方がそれを教えてくれるのです。

身体に不調が出る前に心の声に気づいて軌道修正したいですよね。身体がダメになったときの損失がデカすぎるので。

「人生うまくいかない」「思うように動けない」って思うシーンがどこかであったなら、本当に自分はそれを一番に望んでいるのかな?って自分に問いかけてみるといいなって私は思ってます。

思えば大抵自分が本心で望んでいる通りに物事が進んでいて自分もそうなるように行動しているんですよね。

身体の不調・どこか体調に悩みがある場合に病院に通って対症療法だけして根本原因を放置してまた無理を無意識に続けるとまた同じ悩みを抱えるはめになるのは目に見えているので、せっかくの不調という表面化した「サイン」を見過ごさないで向き合って、どこで間違ったかな心の声を無視したかなって思えるのがマジで大事だなって思ってます。

これはまさに私のストレス回避法であり健康の秘訣、幸せの秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。