コスプレイヤー歴(私情)

セーラームーンネプチューン海王みちるコスプレ写真

レイヤー歴何年って最初の2,3年くらいまでしか意識してなかったですが、黒バスが流行ってた全盛期からコスプレを始めたというとあれから7,8年経ったということになります。

 

自分のレイヤー歴をどう思うか

コスプレ始めて最初の2年は時間の許す限りたくさん好きなだけコスプレの予定を入れて遊んでいました。
その後1年ちょいは結婚したのもあって家族優先で全くコスプレしない期間というのがありましたが、結局レイヤー引退はせず、余裕ができてからまたコスプレするようになりました。

この8年弱を私はあっという間だとは思ってなくて、特にここ2,3年のコスプレ活動は回数としてはそこまで多くはないはずなんですがめちゃめちゃ密度が濃かった感じがしています。

1年半前のコスプレ写真を3年前のコスプレかと思うほどの時間感覚でたまにデータの西暦見てびっくりします。

私が初心者レイヤーの頃からずっと変わらず繋がっててくれる友だちもいるけど、サシで併せ一緒したのにもう名前も思い出せないというくらいの子もいて(何の併せだったかは覚えてる)、全然あっという間じゃなかったなって思います。

私の性格の根本のところはずっと変わらないかもしれないですが、顔つきもメイクも加工技術も選ぶキャラもコスプレとの関わり方も違ければ、私の生活環境から金銭感覚から時間感覚、人間関係、価値観から何から何まで7,8年前とは違っていて、ネガティブでコンプレックスだらけで無知で不自由でくだらないことにこだわって、自分を受容してくれるやさしい人たちに依存して生きてたあの頃の自分が他人なんじゃないかと思うほど今とはかけ離れています。

そもそもコスプレ友だちがいなくて暇を持て余してるというのに連む友だちを私が取捨選択するなんて発想はほとんど無かったですからね。

昔と今どちらが良い・悪いではなくて、当時の私にはその経験が必要だったからそういう価値観であったというだけで。

コスプレって1回1回が印象に残り過ぎるイベントだったから、私にとってのこの7,8年は凄く記憶から引き出しやすく区切られているように感じます。

「この時はこのアニメにハマってて〜」
「この時はこのメンバーでよく遊んでて〜」
「この時はこの会場によく行って〜」
「この時はこういうメイク(顔)で〜」
「この時はiPhoneいくつで〜」
コスプレベースでそのとき自分が何をしてて何に価値を感じてたが思い出される感じです。

 

時間の感覚

歳をとるほど時間の感覚が早くなるってよく言いますが、今の私はそれにあてはまらないなと感じていて、人生リニューアルされまくってて私にとってもはや7,8年前っていうのは前世なんですよね。逆にそれより前の学生時代なんかはあっという間に時が過ぎる恐怖をよくネタに話してたと思います。あの感覚だと私は今頃長寿を全うする頃じゃないでしょうか。

明日で籍を入れて5年になるんですが、もう10年くらい一緒に暮らしてるような感覚で仲良いし、まだ3年?!まだ4年?!って毎年思ってました。
(これに関しては一緒に暮らしていても一緒に過ごせる時間やどれだけコミュニケーションをとったかはそれぞれだと思うので結婚◯年目っていうのは仲の良さを表すのに何も関係ないと思ってます。)

忙しい毎日を送っていて目の前の一つ一つの選択を意識して行う余裕とか日々を全身全霊で感じて生きる余裕がないために「あっという間」という感覚になるのかもなあって思ってます。

私は人生をあっという間にしたくないのでその時その時の自分と向き合って素直な気持ちでそのとき巡り合った情報にアクセスして自分の価値観を破壊したり再構築したり螺旋状に成長…というか経験を重ねていけたら良いんじゃないかなって気がしています。

みんなの人生に一瞬でも関われたのが私は嬉しいです。
肯定的なものであれ否定的なものであれ、私は私の人生に関わってくれた全ての人に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。